一気にストレスを減らす方法

人間関係やお金の問題、上手に悩みを解決するには・・

闇金と縁を切る方法とは

闇金整理調べによれば、ヤミ金問題に関する相談数は伸びていませんが、被害者を窮地に追い込むやり方で取り立てする闇金業者が多くなっているようです。

数年前に、精神的に追い込む取り立て手法により、ある一家3人が自殺してことで過激な取り立て行為が社会問題になったことで闇金業者が全国各地で摘発されトラブルが減少しました。

それにより、闇金はより巧妙になりました。
闇金の変化形としてソフト闇金が生まれ、厳しい取り立てをする業者が減少しました。

ところが3年前から、闇金本来の強引な取り立てをする闇金業者が復活したようです。

従来型の闇金手法は、利用者を精神的に追い込むために周辺の人達にまで嫌がらせをするのは、本人よりも第三者から返済させるものです。

夜中、頻繁にかかる無言電話し、借りている本人にではなく家族の職場に現れ、働き続けることができないようにします。
利用者の多くは何とか一人で解決しようと孤軍奮闘します。その利用者心理を逆手に取り、己の目的を達しようとします。

被害者の多くは、新たに借金して返済するという、非人間的なことを要求されます。
それと、問題なのが闇金業者に強要されて意思とは関係なく犯罪の一翼をになうことになります。

ヤミ金のやり口は、被害者の延滞時や融資申込み時を狙って無理やり携帯電話の新規契約をさせたり、犯罪の受け渡しに必要な銀行口座を開設させ、そこで取得した携帯電話や銀行通帳を使用して新たな犯罪の道具として使います。

暴利を貪るだけでなく犯罪の片棒を担がせる鬼のようなヤツラです。
そんな彼らと縁を切るには被害者本人だけでは到底無理です。そこで強い味方になるのが闇金被害の解決に豊富な経験と実績がある弁護士、司法書士です。インターネットで調べると簡単に見つかります。
大方の弁護士、司法書士事務所では無料の闇金相談窓口を設けていますので是非、利用してください。

闇金専門の弁護士とは

闇金専門の弁護士闇金業者は借金をしていて返済が滞納している場合でもお金を貸してくれる場合が多く、貸す時には妙に利用者にとって都合の良い条件で融資をしてくれます。

しかし、それが闇金業者の罠であり、一度闇金からお金を借りてしまうと延々とお金を取られ、支払いが遅れれば送れた本人が脅されるだけではなく、家族や職場を巻き込んでしまう場合もあります。

法律上では悪質な取立ては禁止されていますし、金利についても上限が定められていますが、残念ながら闇金相手に法律違反だと訴えても効果はないです。

違法である事を承知の上でそのような行為を行っているからです。

自分で下手に対応しようとすれば、下手をすると命にかかわる可能性がある事も考えられますし、警察は事件が起きてからでないとなかなか動いてはくれないために、残念ながらあてには出来ないです。

そのために闇金に対応している弁護士に相談して、債務整理を行うのが最善の策であると言えます。
一般的な弁護士でそうした事に慣れていない場合、怖がって相談にのってくれない事などもありますが、闇金専門の弁護士ならばそうした対応にも慣れているために、素早く適切に対処してくれます。

もちろん対応する場合はタダという訳にはいかないですが、過払い金があればそこから報酬を貰うなど、すぐにお金が用意できない場合でも、何かしらの方法で対応してくれます。

1 / 17ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén