一気にストレスを減らす方法

人間関係やお金の問題、上手に悩みを解決するには・・

作者別: miri (1ページ / 16ページ)

闇金専門の弁護士とは

闇金専門の弁護士闇金業者は借金をしていて返済が滞納している場合でもお金を貸してくれる場合が多く、貸す時には妙に利用者にとって都合の良い条件で融資をしてくれます。

しかし、それが闇金業者の罠であり、一度闇金からお金を借りてしまうと延々とお金を取られ、支払いが遅れれば送れた本人が脅されるだけではなく、家族や職場を巻き込んでしまう場合もあります。

法律上では悪質な取立ては禁止されていますし、金利についても上限が定められていますが、残念ながら闇金相手に法律違反だと訴えても効果はないです。

違法である事を承知の上でそのような行為を行っているからです。

自分で下手に対応しようとすれば、下手をすると命にかかわる可能性がある事も考えられますし、警察は事件が起きてからでないとなかなか動いてはくれないために、残念ながらあてには出来ないです。

そのために闇金に対応している弁護士に相談して、債務整理を行うのが最善の策であると言えます。
一般的な弁護士でそうした事に慣れていない場合、怖がって相談にのってくれない事などもありますが、闇金専門の弁護士ならばそうした対応にも慣れているために、素早く適切に対処してくれます。

もちろん対応する場合はタダという訳にはいかないですが、過払い金があればそこから報酬を貰うなど、すぐにお金が用意できない場合でも、何かしらの方法で対応してくれます。

誤解されやすい借金の返済義務

借金返済義務近年、ちょくちょくTVでCM放送されていた過払い金請求が、ほとんど見なくなりましたね。過払い金請求とは、分かりやすく言うと、払いすぎた利息を取りかえす方法です。

今日では借金とは無縁の暮らしをしている人でも、今後についてはどうなるかわかりません。そこで、比較的誤解されやすい借金返済に関しての実態をお知らせしたいと思います。

◆過払い金請求の時効は2017年に終わる
過払い請求とは何でしょうか? 順々に詳説しましょう。

かつては、「借金の利息は、29.2%以上は無効」という出資法と、

・元本が10万円未満の場合 は 年20%未満

・元本が10万円以上100万円未満の場合 は年18%未満

・元本が100万円以上の場合 は 年15%未満

の利息制限法というまったく異なるルールがありました。ほとんどの消費者金融は、出資法は守っていましたが、利息制限法は厳守していませんでした。

その理由は、出資法の違反はと刑罰の対象であるものの、利息制限法の規定上制限利息を任意に支払った場合は、支払った分の利息は返還請求できないことになっていたからです。

つまり、消費者金融と利用者が契約した利息は、あとで利息に乗っ取って返還請求することはできないという捉え方だったのです。

しかし、平成18年1月に最高裁判所において、返還請求できるという判決が下されたので、これを基にして利息制限法を越えた部分の利息を取り戻せるようになりました。

ここのところを過払い金請求といいます。

現在返済中の消費貸借契約はもちろん、すでに完済している案件でも、対象となる契約は、返還請求することができます。

ただし時効が10年と定められていますので、10年超えたものは請求できません。多くの貸金業者は、この法律改正により規定された利率に変更したため、過払い利息を払っている人は平成18年以前に借金をした人となります。

その時効が今年で終了しますので適用される借金契約なくなりますので過払い請求が下火になりつつあるということです。

上記以外でも借金を整理する方法は任意整理・民事再生・自己破産とありますが、一番多いのが費用を抑えられて手軽にできるのが任意整理です。

任意整理の目的は借金減にあります。
最も成功する確率が高いのが、借金減額交渉を弁護士に相談し債権者と交渉してもらうもとでしょう。

1 / 16ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén