一気にストレスを減らす方法

人間関係やお金の問題、上手に悩みを解決するには・・

カテゴリー: 債務整理 (1ページ / 6ページ)

誤解されやすい借金の返済義務

借金返済義務近年、ちょくちょくTVでCM放送されていた過払い金請求が、ほとんど見なくなりましたね。過払い金請求とは、分かりやすく言うと、払いすぎた利息を取りかえす方法です。

今日では借金とは無縁の暮らしをしている人でも、今後についてはどうなるかわかりません。そこで、比較的誤解されやすい借金返済に関しての実態をお知らせしたいと思います。

◆過払い金請求の時効は2017年に終わる
過払い請求とは何でしょうか? 順々に詳説しましょう。

かつては、「借金の利息は、29.2%以上は無効」という出資法と、

・元本が10万円未満の場合 は 年20%未満

・元本が10万円以上100万円未満の場合 は年18%未満

・元本が100万円以上の場合 は 年15%未満

の利息制限法というまったく異なるルールがありました。ほとんどの消費者金融は、出資法は守っていましたが、利息制限法は厳守していませんでした。

その理由は、出資法の違反はと刑罰の対象であるものの、利息制限法の規定上制限利息を任意に支払った場合は、支払った分の利息は返還請求できないことになっていたからです。

つまり、消費者金融と利用者が契約した利息は、あとで利息に乗っ取って返還請求することはできないという捉え方だったのです。

しかし、平成18年1月に最高裁判所において、返還請求できるという判決が下されたので、これを基にして利息制限法を越えた部分の利息を取り戻せるようになりました。

ここのところを過払い金請求といいます。

現在返済中の消費貸借契約はもちろん、すでに完済している案件でも、対象となる契約は、返還請求することができます。

ただし時効が10年と定められていますので、10年超えたものは請求できません。多くの貸金業者は、この法律改正により規定された利率に変更したため、過払い利息を払っている人は平成18年以前に借金をした人となります。

その時効が今年で終了しますので適用される借金契約なくなりますので過払い請求が下火になりつつあるということです。

上記以外でも借金を整理する方法は任意整理・民事再生・自己破産とありますが、一番多いのが費用を抑えられて手軽にできるのが任意整理です。

任意整理の目的は借金減にあります。
最も成功する確率が高いのが、借金減額交渉を弁護士に相談し債権者と交渉してもらうもとでしょう。

借金整理に関して

債務整理借金の減額や統廃合を行ないたい場合は、一般的に弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼します。当然の事ですが、弁護士、司法書士なら誰でもいいわけではなく、借金問題を良く知っている法律専門家を選択することが大切でしょう。

借金が増えて返済が難しくなったら、専門家に借金の相談をした方が最も良い方法です。返済不可能な状態になったら、一人だけで借金問題を解決するのは、十中八九無理だと言って間違いありません。

例えば、任意整理を実行する場合でも、返済金利の再検討が求められます。これ以外にも債務の減額方法があります。一例をいえば一括返済を行なうことで返済期間を短くして減額を引き出す方法です。

債務整理とは、借金返済するためのお金を用意できなくなった場合に、止むを得ず実施でしたが、昨今では、簡単に実行できるものになることができます。

しかし、中には自己破産または債務整理が認めてもらえない場合があり、その要因の1つがクレジットカードを利用した換金化です。クレジットカード換金をした経験があると、ここ最近は債務整理を拒否される可能性もあります。

1900年代後半までは、債務整理の方法は自己破産だけで、消費者金融への返済を苦に自殺する人が発生するなど、深刻な社会問題にもなりました。現代とは格段に違います。

最近流行だった過払い金で注意することは、高利で借りた経験があるのなら、直ちに返還請求のための第一歩を踏み出すということでしょう。なぜなら過払い金返還を申し立てるには時効問題があるからです。最後に支払った日から10年を経過すると時効といって返還してもらえません。

過払い金が返還できるかは、借入先である金融機関の余剰資金にもよりますが、最近では大手金融業者でさえも必要な額を払い戻すのは大変厳しいと噂されていますから、中小業者では言うに及ばないでしょう。

任意整理の特徴は裁判所の力を借りることなく行なうこともができますし、債務整理を交渉する債権者も任意に選択して構いません。しかし、債権者への強制力が弱く、債権者に合意してもらえないこともありえます。

闇金からの借金は、任意整理で行いますので必ずこの問題が起こります。相手が相手だけに自分だけで交渉して解決するのは無理ですから専門の弁護士なり司法書士に依頼することになります。
闇金問題の解決を弁護士に依頼すると・・

1 / 6ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén