一気にストレスを減らす方法

人間関係やお金の問題、上手に悩みを解決するには・・

カテゴリー: 債務整理 (1ページ / 7ページ)

債務整理の時期とは

個人再生や自己破産などの債務整理をしたら、本人の名前や住所が官報に掲載されます。
国の機関誌である官報に、実際に自己破産をした場合だと二度、あるいは、個人再生であれば三度、氏名と住所が公告されます。
ただし、債務整理の中でも任意整理を選択したケースでは官報に公告されることはありません。

掲載される期間は1ヶ月程度と言われていますが、官報は日常的に見かけるものではないので、ほとんどの一般人は閲覧しません。

もし債務整理をした場合、クレジットカードの更新日以降、利用不可になるケースがあります。

借金をしていた業者が信用情報機関に加盟しているのであれば、債務整理の結果、金融事故として記録され、クレジット会社もこの情報を基に更新不可と判断するためです。

まだ更新日になっていなくても、利用停止の措置がとられることもありますから、引き落とし先がクレジットカードになっているものは、債務整理を行なう前に別の手段を用意しておきましょう。

借金減額 相談ご存知のように、任意整理は弁護士などが和解契約を行ない、債務額を減らした状態で月々の支払いを続けます。
この時に金銭的余裕が生まれたら、その資金で残った債務を一括返済したり、繰り上げ返済をするという方法が使えます。

もし任意整理を専門家に依頼していた場合は、自分で行動するより、再度、この弁護士などから連絡をしてもらった方が話をとおしやすいです。
仮に、今ある借金を債務整理で整理した場合、どれくらいの減額が望めるのかというのは誰もが興味を持つところだといえます。
実際に確認する場合は、弁護士事務所などの無料相談で状況を説明すると間違いありません。

ですが、利用しにくいと感じる人も多いです。こうした場合、インターネットには債務整理のシミュレーションができるものもあるため、こうしたものを利用して、減額できる目安を知っておくのも良いだといえます。

債務整理の際に、真面目に返済をし終わっ立としても、その後しばらくは、クレジット会社に申し込んだり金融機関のローンを組向ことも難しくなります。

それは、債務整理を実行するとブラックリストに登録されてしまうためです。
この状態は、少なくとも5~7年間は続くようですから、時間を置く必要があります。

相談会などで弁護士に状況を説明し、もう返済能力がないということになれば、現実的に債務整理を行なうしかありません。
借金を滞納している間は、債権者による電話や郵便などで取り立てが行われますし、本人も辛い気持ちになることは間違いないだといえます。

ですから、先手を打って行動することを心掛けてください。
借金の返済が苦しくなった時点で弁護士を訪ね、実際に債務整理しなければならない状態なのかを客観的に見て貰うようにしましょう。
債務整理を得意とする弁護士はインターネット検索でも見つけることができます。
検索ワードに”借金整理 弁護士”と入力してみましょう!

誤解されやすい借金の返済義務

借金返済義務近年、ちょくちょくTVでCM放送されていた過払い金請求が、ほとんど見なくなりましたね。過払い金請求とは、分かりやすく言うと、払いすぎた利息を取りかえす方法です。

今日では借金とは無縁の暮らしをしている人でも、今後についてはどうなるかわかりません。そこで、比較的誤解されやすい借金返済に関しての実態をお知らせしたいと思います。

◆過払い金請求の時効は2017年に終わる
過払い請求とは何でしょうか? 順々に詳説しましょう。

かつては、「借金の利息は、29.2%以上は無効」という出資法と、

・元本が10万円未満の場合 は 年20%未満

・元本が10万円以上100万円未満の場合 は年18%未満

・元本が100万円以上の場合 は 年15%未満

の利息制限法というまったく異なるルールがありました。ほとんどの消費者金融は、出資法は守っていましたが、利息制限法は厳守していませんでした。

その理由は、出資法の違反はと刑罰の対象であるものの、利息制限法の規定上制限利息を任意に支払った場合は、支払った分の利息は返還請求できないことになっていたからです。

つまり、消費者金融と利用者が契約した利息は、あとで利息に乗っ取って返還請求することはできないという捉え方だったのです。

しかし、平成18年1月に最高裁判所において、返還請求できるという判決が下されたので、これを基にして利息制限法を越えた部分の利息を取り戻せるようになりました。

ここのところを過払い金請求といいます。

現在返済中の消費貸借契約はもちろん、すでに完済している案件でも、対象となる契約は、返還請求することができます。

ただし時効が10年と定められていますので、10年超えたものは請求できません。多くの貸金業者は、この法律改正により規定された利率に変更したため、過払い利息を払っている人は平成18年以前に借金をした人となります。

その時効が今年で終了しますので適用される借金契約なくなりますので過払い請求が下火になりつつあるということです。

上記以外でも借金を整理する方法は任意整理・民事再生・自己破産とありますが、一番多いのが費用を抑えられて手軽にできるのが任意整理です。

任意整理の目的は借金減にあります。
最も成功する確率が高いのが、借金減額交渉を弁護士に相談し債権者と交渉してもらうもとでしょう。

1 / 7ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén