一気にストレスを減らす方法

人間関係やお金の問題、上手に悩みを解決するには・・

2 / 18ページ

闇金地獄からの脱出には弁護士が必須

闇金対策相談報道によればヤミ金による悩み相談件数に変化はないようですが、900%も超るような暴利で貸し付ける違法闇金が顕著になってきました。

かつて、人の弱みにつけ込んだ取り立てで追い込まれ、ある都市の被害者一家が全員自殺したことにより闇金の存在が改めて認知されて全国各地でヤミ金業者が摘発され表面的には取り立て被害者は減少してました。

一般的なヤクザまがいのヤミ金が少なくなり、恫喝的な言動や、酷い取り立てをしない闇金業者いわゆるソフト闇金が増加しました。

でも、最近になってから前述した強引な取り立てをするヤミ金業者が出現してきました。
弱点につけ込む闇金のやり方は、不安と恐怖を与え利用者の周りの人たちにまで嫌がらせをするのは、本人よりも第三者から返済させるものです。
頼んでもいない出前が大量に届いたり、利用者や家族の職場へも頻繁に電話し、働きずらくしてしまいます。

闇金被害者の中には、何とか一人で解決しようと悪戦苦闘します。しかし、ヤミ金が巧妙なのは、その心理を利用し、己の目的を達しようとします。

これらの恐怖・不安から逃れたくてヤミ金返済のために他から借金をして、闇金の罠にはまっていきます。

それ以外に社会的に問題になっているのが闇金犯罪の手助けをしてしまうことです。

被害者を巻き込む方法は、利用者が切羽詰まって借りに来た時を利用し、闇金の貸付や回収に使う携帯電話を被害者に調達させます。
そして、複数の銀行口座を開設させ、その時奪った携帯電話、銀行通帳を被害者から収奪しヤミ金犯罪の道具に使うのです。

この様な恐ろしい闇金と戦うには、相手の弱点を熟知している弁護士か司法書士の力が必要です。
ネットを見れば闇金問題の無料相談窓口を設置している事務所が見つかりますので是非、利用してください。

闇金と縁を切る方法とは

闇金整理調べによれば、ヤミ金問題に関する相談数は伸びていませんが、被害者を窮地に追い込むやり方で取り立てする闇金業者が多くなっているようです。

数年前に、精神的に追い込む取り立て手法により、ある一家3人が自殺してことで過激な取り立て行為が社会問題になったことで闇金業者が全国各地で摘発されトラブルが減少しました。

それにより、闇金はより巧妙になりました。
闇金の変化形としてソフト闇金が生まれ、厳しい取り立てをする業者が減少しました。

ところが3年前から、闇金本来の強引な取り立てをする闇金業者が復活したようです。

従来型の闇金手法は、利用者を精神的に追い込むために周辺の人達にまで嫌がらせをするのは、本人よりも第三者から返済させるものです。

夜中、頻繁にかかる無言電話し、借りている本人にではなく家族の職場に現れ、働き続けることができないようにします。
利用者の多くは何とか一人で解決しようと孤軍奮闘します。その利用者心理を逆手に取り、己の目的を達しようとします。

被害者の多くは、新たに借金して返済するという、非人間的なことを要求されます。
それと、問題なのが闇金業者に強要されて意思とは関係なく犯罪の一翼をになうことになります。

ヤミ金のやり口は、被害者の延滞時や融資申込み時を狙って無理やり携帯電話の新規契約をさせたり、犯罪の受け渡しに必要な銀行口座を開設させ、そこで取得した携帯電話や銀行通帳を使用して新たな犯罪の道具として使います。

暴利を貪るだけでなく犯罪の片棒を担がせる鬼のようなヤツラです。
そんな彼らと縁を切るには被害者本人だけでは到底無理です。そこで強い味方になるのが闇金被害の解決に豊富な経験と実績がある弁護士、司法書士です。インターネットで調べると簡単に見つかります。
大方の弁護士、司法書士事務所では無料の闇金相談窓口を設けていますので是非、利用してください。

2 / 18ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén